福岡市のパソコン教室を 、生のコメント・特徴・連絡先・TEL等 を添えて紹介します。 トピックスではパソコン・インターネットの豆知識を掲載!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファイルシステムってたまに聞きますが、ファイルシステムって
いったい何を表しているのでしょうか?
具体的にいうと記憶装置にファイルやフォルダ(ディレクトリ)を
作成したり、移動や削除を行なったり、
データを記録したりする機能を
ファイルシステムといいます。

「ファイルシステム」→ファイルの管理やデータの読書きする機能

そして「ファイルシステム」にはいくつかの種類があります。
種類によって、ファイル名の文字長や、アクセス権の管理方法
などがそれぞれ違います。
またファイルシステムはOSによって異なります。

MacOSではHFS(HFS+)というファイルシステムが使われています。
WindowsではFATNTFSというファイルシステムが使われています。

FAT (File Allocation Tables)
ハードディスクなどの記憶媒体の中の
ファイル名やディレクトリ名、位置情報などを
管理テーブルという一覧表で管理しています。
   FAT16(Windows3.1や初期のWindows95で使用されています)
   FAT32(Windows95、Windows98、Meで使用されています)


NTFS (New Technology File System)
複数のユーザーが使用するパソコンのファイルシステム
になる事を考えて設計されている為、
ファイルへのアクセス制限や暗号化機能、
圧縮してファイル容量抑える機能がついています。
また、ファイルの更新履歴を記録していて
ファイルが壊れた時の被害を最小限に
とどめる機能を持っています、
要するに、FATに比べて
セキュリティーや安定性、ファイルの保存能力に優れています。
(WindowsNTやWindows2000に使われています。)
※WindowsXPではFAT32NTFSの両方を使えるように
設計されています。

今後発売される予定のWindowsVistaではWinFS
(WindowsFutureSystemの略)というファイルシステム
が使用される予定になっています。

「IT用語辞典」(ファイルシステムとは)を開く
ちょっと難しい内容になるのでファイルシステムには
こういう種類があるんだな~程度に覚えておいてください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doit.blog33.fc2.com/tb.php/61-e5aabc09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。