福岡市のパソコン教室を 、生のコメント・特徴・連絡先・TEL等 を添えて紹介します。 トピックスではパソコン・インターネットの豆知識を掲載!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パソコンのアップグレードでユーザーが
行う事が多いのが仕事の能率を高める
アップグレードだと思います。

まずキーボードやマウスが使いにくいものでないか
考えるのもいいと思います。
簡単に変える事が出来て、値段も一番安く出来ます。
それだけで使いやすさが格段にあがる事があります。
例えば数字ばかり入力する仕事が多い時は、
10キー付きのマウスへ。
ボールマウスの動きが悪くボールの掃除ばかりしているなら、
光学式のマウスで、ワイヤレスにすると、コードが
邪魔にならず、仕事の能率がアップするかもしれません。

ディスプレイもブラウン管なら液晶型に変えることで
手元のスペースが増えて資料が置けたり、
ちらつきが減って目の疲れが少なくなったり、
消費電力が減ります。

パソコンの根本的な処理速度が遅い時は、
パソコンの本体をアップグレードします。

特にパソコンの処理速度に影響の大きい部品は
「CPU」(処理装置)、「メモリー」(記憶装置)、
「ハードディスク」(記憶装置)です。

例えばWORDなどのワープロソフトで
画面に文章を作成し保存する時を考えてみると
「キーボード」(入力装置)でタイプした文字列を
「メモリー」(記憶装置)に一旦記憶して、
「CPUやビデオボード」(処理装置)で処理を行い、
「モニター」(出力装置)で表示します。
そうして作成した文章をハードディスク(保管庫)に
保存します。

この流れをスピードアップするには、
キーボードやマウスを入力しやすいものに変えて、
メモリーに一度に保存しておける容量を増やし、
CPUやビデオボード
(データをモニターに表示する為に変換する所)
をスピードの速いものに変えて、
ハードディスクの保存速度を上げれば、
スピードアップできる事になります。

根本的にパソコンの処理速度が遅い時は
まずメモリーを容量不足があれば容量の大きなものへ変えます。

メモリー不足を調べるのには、
よく同時に使ういくつかのソフトを同時に
別々のウインドウに立ち上げて、
メインウインドウを切り替えていきます。
その時にハードディスクのランプが
点灯するかを確かめてください。

パソコンはメモリーが不足している時、
メモリーに保存しておくはずのデーター
の一部をハードディスクに一旦書き込んで、
メモリー空きを作り、処理を行う(スワップと言う)ので、
ハードディスクの動作ランプが一瞬点灯します。
メモリーを容量の大きな物に変えると、
その過程が省略されるので、見違えるように早くなります。

次に保存や読込スピードの早いハードディスクに変えます。
一般的に容量の大きいハードディスクほど
そのスピードは速くなります。

それからCPUを性能の良いものに変えます。
ただしCPUの交換は制限が多いので、
CPUを変えるよりは、新しいパソコンを購入
したほうがいいかもしれません。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/06/18(日) 20:59 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doit.blog33.fc2.com/tb.php/78-e20a961c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。