福岡市のパソコン教室を 、生のコメント・特徴・連絡先・TEL等 を添えて紹介します。 トピックスではパソコン・インターネットの豆知識を掲載!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また検索エンジン関連の知識なのですが、
ロングテール」って言葉ご存知ですか?

たとえば「坂本竜馬」というキーワードをメインに
ホームページを作ったとすると、
このキーワードはメジャーなキーワードなので
なかなかトップに立つことは難しいのですが、
調べてみるとその他にもいろいろな類似のキーワードで
検索されているユーザーさんが多数いることに気がつきます。

・これと似た言葉 「坂本龍馬」(これもメジャーですが)
・場所の情報を付加したもの 「坂本竜馬 長崎 土佐」
・持ち物や特徴を加えたもの 「坂本竜馬 刀」

などがこれにあたります。

「坂本竜馬」では約30000件の月間検索回数がありますが、

その他に「坂本竜馬の刀」約100件
「坂本竜馬の足跡」約50件
「長崎 坂本竜馬」約30件
などなど。

こういった組み合わせは無数に存在して
検索回数を合計すると当初の坂本竜馬の月間検索回数約30000件を
はるかに上回る検索回数になります。

メジャーなキーワードを狙うのは大切ですが、
そのキーワードを狙いつつ、関連キーワードの部分でも
すべて上位に上がるように、検索エンジン対策を行っていくと、
努力次第で有名なホームページを超えるアクセス数
を得ることができるようになります。

このような関連キーワードと月間検索回数だけのグラフを
書いてみましょう。

検索回数をY軸に、
キーワードをメジャーなものから順にX軸に書いて
グラフをつくると
「坂本竜馬」というメジャーキーワードが左端にきて
月間検索回数約30000件になり、
その後に検索回数が少ないものが
ずーっとX軸の先の方まで何千件も出てきます。

このグラフの形からロングテールという言葉ができました。
マイナーだけど、集めるとものすごい威力になる
キーワードの数々をロングテールといいます。

ロングテールを捜すには似たキーワードをつくって、
そのキーワードで検索結果がいくつ出るか?
をしらべます。
検索結果が少ないほうが容易にトップにたてるからです。
そうやって見つけたキーワードが自分のページに適切かどうか検討します。

そのキーワードで検索してページを訪れたユーザーが
実際に自分のページにとって好ましいユーザーであるか?
の判断になります。

たとえば「坂本竜馬 長崎」というキーワードで検索した
ユーザーは長崎に坂本竜馬の足跡を追って旅行しようと
しているのかもしれません。

また「坂本竜馬 酒」だと坂本竜馬のゆかりのお酒を
購入したいという意思があるのかもしれません。

検索キーワードからユーザー意思を推測して、
「自分のページの情報はどんなキーワードで検索されたユーザーに、
もっとも必要とされているのか?」
または
「どんな意思のあるユーザーがアクセスすると商品が一番売れるのか?」
などを考えて狙うキーワードを効率良く決めていきます。

そして検討の後決定したキーワードで、自分のページが
検索結果一位になるようにキーワード一つ一つに対して
SEOを行っていきます。


この努力を繰り返すことで、ロングテールを少しずつ自分の物にして下さい。
間違いなく、有効なアクセスの数が増えていきます。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doit.blog33.fc2.com/tb.php/88-46692084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ロングテール関連Blogリンク集
2006/09/24(日) 22:25:26 | 話題Blogナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。