FC2ブログ
福岡市のパソコン教室を 、生のコメント・特徴・連絡先・TEL等 を添えて紹介します。 トピックスではパソコン・インターネットの豆知識を掲載!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電子メールは届かない事もあるっていう事を
ご存知ですか?
もちろん送信時にあて先のメールアドレスを間違えていると、
別の人に届いたり、届けられなかったという意味の
英文のメールが届きますが、何の反応もない場合もあります。
そのほかにも、ごくまれにですが、確実にあて先のアドレスを
入力しているにもかかわらず、なんの連絡もなしに、
届かないという事もあります。
また普通なら電子メールは数秒から数分で届きますが、
ごくまれに、数時間後、数日後に届くケースもあります。
届いたかどうかを確実に確認するには、
電話で届いたかを確認したり、メールのお返事を、
受け取るのが確実です。
「メールは遅れたり、届かなかったりする可能性もる。」
という事を覚えておきましょう。
トップへ
メールを送る時にあて先の下に書くCC BCC って何かご存知ですか?
この欄はメールを本来のあて先以外の人にも同時に
控えとして送りたい時に指定します。
CCとはCarbonCopyの略で「写し」という意味があります。
ここで指定したあて先は受信者全員に公開されます。
またBCCとはBlindCarbonCopyの略で「見えない写し」の
意味があり、ここで指定するあて先は受信者全員に対して
非公開になります。
本来の受取人には内緒で、別の人に控えを
送りたいときは、ここに入力します。
PC/AT互換機とDOS/Vってよく聞く言葉ですがどういう意味なのか
ご存知ですか?PC/AT互換機とはWindowsパソコンの一つの規格
の事です。DOS/Vは本来ソフトの名前です。

この規格が出来る以前はそれぞれ各社がばらばらの規格で
パソコンを開発し販売していました。


つまりA社のパソコンを買うと、B会社のパソコンの
ソフトや周辺機器は使うことが出来なかったのです。
それが当たり前の時代だったのです。

今でこそ、どこのメーカーのWindowsパソコンを購入しても、
ワープロソフト、ゲーム等のアプリケーションや
プリンター、DVD等の周辺機器を使うことができますが、
昔はそうはいかなかったのですね。

PC/TA互換機の語源は1981年IBM社が発売したIBM PCに由来します。
IBM社はこのパソコンを販売するに当って、
オープンアーキテクチャーという戦略をとりました。
この戦略はIBM PCの内部仕様をすべて公開するというもので、
IBM PCで使用できる出来るだけ多くの周辺機器やプログラムを
作ってもらうことがねらいでした。
多くの周辺機器やプログラムが使えるパソコン
の方がユーザーにとって魅力があると考えたのです。
ところがこの戦略が意外な方へ流れだしました。
あちこちのパソコン会社がIBMと同じ仕様の
安いパソコンをつくり販売しだしたのです。
多くのユーザーは安くてIBM PCと同じ仕様の
パソコンを購入しました。
これによってIBM PCの仕様があっという間に
世界中に広がったのです。

1984年IBM PCの後継機種としてIBM社は
PC/ATというパソコンを発売しました。
他の会社もこれにならってPC/ATと互換性のあるパソコンを発売し、
この呼び名が定着し今に残っているのです。

PC/AT互換機が全世界で使われている中、
日本ではNECが独自の規格でPC-98シリーズを販売し
圧倒的なシェアを誇っていました。
当時PC/AT互換機では日本語を使う事が出来なかったからです。

1990年にIBM社がPC/AT互換機で日本語を利用できる
DOS/Vというソフトを発売しました。
これによりPC/AT互換機は日本国内で
使えるパソコンになりました。
世界標準であるPC/AT互換機はまたたく間に日本国内に広がり、
反対にNECのPC-98シリーズは衰えていきました。

そのため日本ではWindousパソコンの事をDOS/Vパソコン
とも呼びます。
平家物語のようなお話ですね。
トップへ
パソコンはNECや富士通やSONY等のメーカー製の物だけではありません。
自分で組み立てたいときは、CPU、メモリー、マザーボード等
の部品をバラバラに購入して組み立てる事が出来ます。
これを「自作パソコン」と表現します。
パソコンショップや自作パソコン専門店では、
自作PC用の部品コーナーが設けてあり、部品だけを販売しています。

その中で最近「ホワイトボックス」と呼ばれるパソコンの
人気が高まりつつあります。
パソコンショップ等が各店舗ごとにお勧めの組合せで作成する
パソコンの事を「ホワイトボックス」と呼びます。

たいていの場合は特定のブランド名を持たないが、
有名店では独自のブランド名(ショップブランド
で販売していることもあります。

すべての部品に汎用性の高い部品を使うため、
業界標準とされている仕様に近いパソコンになります。
通常のメーカー製のパソコンと比べると

流通面での不用な経費がかからない。
はじめから必要のないソフトは入れていないので安い。
店舗でマシンを組み立てることから、ユーザーニーズに
合わせて自由度の高いカスタマイズも可能になる。

等の利点があります。

必要なソフトは必要になった時に買ってインストールすればいい。
という考えをもった方であれば、ショップ製や自作PC
を選ぶのも選択肢の一つだと思います。

トップへ
検索エンジンってとてもよく聞く言葉ですが、どういう
仕組みなのかご存知ですか?
インターネットで公開されている膨大な情報をデータベースに
蓄えておいて、関連する情報を入力することで、
調べたい情報をすぐに見つけ出せるようにしたインターネットサービスの事です。
キーワード型ディレクトリ型の2種類の検索エンジンが
あります。

キーワード型検索エンジン
公開されている情報をロボットが巡回してデータベースへ
蓄えます。そのデータベースから入力されたキーワードを探し出し、
キーワードの入っている文章を表示します。

ディレクトリ型検索エンジン
人やロボットが情報を分類してデーターベースに蓄えておき、
大きな分類から順に探したいものを絞り込んで
目的の情報を見つける為のサービスを提供しています。

最近の大手の検索エンジンではキーワードでもディレクトリでも
検索できるようになっています。

日本の主な検索エンジンは、キーワード型ではGoogleMSN等が有名で、
ディレクトリ型ではYahoo! JAPANが有名です。

キーワードの絞込み
たとえばGoogleでこのブログを探そうとした時に、
「福岡市」と入力すると膨大なページが検出されて見つけることが
できません。
今度は続けて「福岡市 パソコン教室」
と入力します。すると大分数が絞られて
何ページ目かに表示されるようになると思います。
こういうやり方をキーワードの絞込みといいます。
うまく絞込みを行うのが検索のコツになります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。