福岡市のパソコン教室を 、生のコメント・特徴・連絡先・TEL等 を添えて紹介します。 トピックスではパソコン・インターネットの豆知識を掲載!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セーフモードとはウインドウズに問題が起こって
起動しなくなったときに、起動するのに必要な
最小限のシステムファイルとマウス、キーボード、ディスプレイ
だけを読み込んで、復旧用に起動させるモードの事です。

パソコンの起動スイッチを押して、ウインドウズのロゴが
表示される前に、一般にはF8キーを押すとセーフモードで
立ち上げます。メーカーによっては、F8ではない事もありますので、
そのときは、パソコンの説明書を見て下さい。

例えばディスプレイの解像度がおかしくて画面が表示できなくなったとき、
何かのアプリケーションを追加して起動できなくなったとき、

とにかくセーフモードで起動させて、解像度の変更や、
原因であるアプリケーションの削除をしてから
起動させると、起動できるはずです。
その他原因がわからない時も、セーフモードで立上て立ち上がれば
その後再起動するとエラーを自動で復旧してくれて、
その後きちんと立ち直る事があります。

またパソコンがおかしくなりかけているなどの場合、
大切なデーターをどこかへ逃がしたいときなど、
セーフモードで立ち上げてデータの移動を行ったり、
使い方はいろいろあります。

覚えておくと便利なセーフモードのお話でした。

メモリーって知ってますか?
パソコンは簡単にいうと、メモリーとCPUとハードディスクで構成されています。
これを調理室にたとえるなら、
調理人さんがCPU、冷蔵庫がハードディスク、
そして一旦冷蔵庫から取り出したものを、解凍して、
調理する為の調理台がメモリーにあたります。
調理台が狭いと、調理人さんは狭い調理台に何回も、食材を冷蔵庫から取出して
切ったり煮たり、繰り返さないと、ディナーは出来上がりません。
逆に広い調理代だと、魚を取出して解凍している間に、
まな板で野菜を切って、コンロの上では、鍋でだしをとるといったように
同時にいろんな事が出来るようになります。
パソコンも同じで、メモリーがたくさんあれば、同時にたくさんの
動作を平行して行えるようになり、全体的に処理速度が速くなります。
メーカー製のパソコンを購入すると、たいてい、CPUは
いいものをつんであるのですが、メモリーは動作できる
最低限の量しかつんでいない事がほとんどです。
だからパソコンの動作を速くしたいな!と
おもったらまずメモリーを増設するのがお勧めです。
最近ではほとんどのADSL回線プロバイダーがモデムを
加入者にレンタルしていますが、
そのほとんどがルーター機能を備えたモデムです。
もともとは、インターネットから来る信号をパソコンで読み取れる形に、
変換するためモデムを間に挟んでから、パソコンにつなぎます。
これだけでもインターネットは出来るのですが、
複数台のパソコンをインターネットにつなぎたいとき、
モデムの次にルーターをつなぎそれからHABという機械をつないで、分岐させ
LANを組んでパソコンをつなぎます。

ルーターは
LAN内に接続されたPCや周辺機器一台一台のアドレスを決めて、
インターネットから入ってくる情報をどのPCに送れば良いか?、
LAN内のPCから送られた情報をどこのネットワークに送れば良いか?
調整する仕事をしてます。
またインターネットからの不正なアクセスを遮断し、
通して良いデータにだけ通行許可を出して、入り口を開き通します。
つまりセキュリティーを向上させます。
まだいろんな機能があるんですが、主な機能はこれくらい・・・
だからインターネットに接続する上で本当に重要な役割をしています。

ルーター君って実はすごい機械なんですよ。

ウェブ上で受信したメールを見てウェブ上から返信するのが
ウェブメールっていうんですけど、
実はフィッシング対策や迷惑メール対策、添付ファイルのウイルスの撃退
までウイルスソフトを持っていなくても自動でしてくれている
ものがあるんですよ。パソコンが変わって出先のネットカフェなんかで
もすぐ開けるし、携帯からでもチェックできます。
僕が使っているのはYahoo!メールですけれど、
ほかにも同じサービスをしてくれるところは沢山あります。
その他の沢山のユーザーが使っているから、その人のアドレスに
届いた迷惑メールをそのユーザーが迷惑メールとして処理すると、
そのメールが自分のアドレスに来ても迷惑メールとして
自動で処理してくれます。朝会社でメール開いて、さあ
仕事始めようかな・・・と思った矢先にいつも数百通の迷惑メールの
処理から始めるなんて面倒で朝からがっかりしなくてもいいんです。
ほかの人が受け取った迷惑メールはもう自分は受けとらない。
そんなところが気に入って、僕はヤフーのウェブメール使ってます。
インターフェイスって言葉はよく聞くけれど、
じゃあいったい何を意味するのかな?

パソコンの各種機器をお互いに接続する規格の事を
「インターフェイス」っていいます。
外付け型の機器を取り付けるインターフェイスには
主にUSB、パラレル、シリアル、IEEE1394の4種類あります。

内蔵機器のインターフェイスには
主にIDE、PCIバス、AGPなどがあります。

例えば量販店などに出かけて、パソコンにプリンターを増設したい!
などと話をするとインターフェースは何ですか?
と聞かれます。そのとき
「ああこれか・・・私のパソコンのインターフェースは○○です」
ちょっと得した気分になるような・・・なるかな?
そんな言葉です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。